2011年11月23日

矢沢の湧き水

先日、紅葉を見に行く序でに、矢沢の湧き水「矢沢の湧き水」へ行きました。

以前紹介した時には、車を止める空き地の脇に赤い屋根の廃屋が有り目印に成っていたのです。

しかし、久しぶりに行って見ると、廃屋はすっかり片付けられ車を止める空き地と続いてしまい、単なる広い空き地に成っていました。
(2012年8月現在は重機が置いてありますが水は汲める様に成っていました。)
まっ、この辺で進行方向左側に空き地が有るのは此所だけなので何方でも分かると思います。

ちなみに、今回はこの空き地にベンチが一つ有りましたが、何時壊れて無くなるか分からない様な物で、余り目印には成らないかも!?



にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

2011年06月12日

佐野市・旗川源流水

今回は「旗川源流水」を汲みに行きました。

旗川源流水1旗川源流水1(名称不明)
地名では佐野市田沼町作原と言う所に成ります。東京方面より行った場合、東北道を佐野藤岡インターを出て、国号50号ー>県道9号線ー>県道16号線ー>県道201号線を山の方へ20kmほど向い、途中の”蓬山ログヴィレッジ”を超してから道が細くなって直ぐた左側に初めの湧き水があります。ここは道が狭く、大型車も通りますので車は止められません。


このまま暫く進むと小さなトンネルを抜けた直ぐ右側に第2の湧き水があります。ここは道幅も比較広く駐車可能です。
後で分かりましたが此処が「旗川源流水、蓬莱水」です。
旗川源流水・蓬莱水
旗川源流水、蓬莱水

ALPSLAB地図 E139°29′32.77″N36°31′03.47″



旗川源流水、宝生水
Map Code:489433457*02
位置:E139°29′07″N36°32′15″

旗川源流水は佐野市街から近く、画像でも解るように舗装道路で行きやすい事もあり、水汲みの車で混み合うことがあるようです。私が行った平日でも到着時2台の車が水を汲んでいて、私が汲むまで1時間ほど待ちました。皆さん大量に汲んでいるのです!(^_^;)

尚、この辺り「ヤマビル」が多い様で、私も妻も短い時間でたかられてしまいました。暖かい時期に行く時には十分注意して下さい。


続きを読む


にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

2008年07月27日

庚申川の湧き水

庚申川の湧き水久しぶりに湧き水紹介です。
庚申川という川沿いの林道にある湧き水なのですが、残念ながら一般の方が水汲みに行くのは難しいでしょう。
何故かと言えば車止めから30〜40分林道を歩いて行かなくてはなりません。従って水を運ぶには相当な体力が必要だと思います。
また、以前紹介しました所の一寸先にあり、水源は同じだと思います。


ここの処、更新がないので暇つぶしに紹介した様な物で、悪しからずm(__)m

庚申川の湧き水ご覧のように岩の割れ目から湧き出ていて、とても美味しそうです。
私も持ち帰る事はせず、通りがかりに飲むだけです。

ちなみに、此処は庚申山という山の登山コース途中にあります。
タグ:湧き水

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

2008年03月04日

木ノ俣川の湧き水

木ノ俣川の湧き水那珂川の支流で板室温泉近くの木ノ俣川の湧き水です。実際に汲みに行く方は居ないと思いますが、参考資料と言う事で。
木ノ俣林道の車止めから川を歩き、堰堤を2つ越えて、徒歩1.5時間程行くと左岸側にコンクリートの護岸が現れ、そこから右岸側の廃道に上がり、15分ほど戻った廃道脇の岩の割れ目から湧き出ている水です。
非常に美味しいのですが、一般の方が汲みに行くのは無理です。熊も出ますし、川の中を歩かないとたどり着きません。
釣りに行く方は一度おためしあれ!

木ノ俣川の湧き水あいにくレンズが曇っているのに気がつかずこんな写真に成ってしまいました。
他に写真がないのでお許し下さい。

岩の隙間から吹き出して見るからに美味しそうですよ〜っ!
どうしても試してみたい方はそれなりの装備をしてお行き下さい。そんな物好きの方は居ないと思いますけど!(^^ゞ

次回行った時にはGPS付きの携帯で位置を確認してきたいと思っています。

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

湯川の湧き水

湯川の湧き水栃木県湯川と言っても、日光の湯川ではありません。那珂川水系、深山湖に注ぐ湯川(大沢)です。
ここは岩の割れ目から湧き水が吹き出ていて、なかなか良い感じです。ただ、車止めから徒歩10分程度あります。従って、大量に汲んで帰るには台車の様な物が無いと不可能かと思います。
体力に自信が有る方ならポリタンクもって林道を10分くらい下る事も出来ますか??

ただ、那珂川水系には沢山湧き水が有りますので、探す気になればここまで来なくても沢山探せるように思います。
それに、地面からそう高くない所から湧き出て居ますので、ポリタンクへ直に水を入れる事は出来ないかも知れません。

ALPSLAB地図:N 37/7/25.59 E 139/54/58.457

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

尚仁沢湧水

尚仁沢湧水今回は有名な尚仁沢湧水へ行って来ました。
県道63号線(藤原名宇都宮線)を宇都宮方面から東荒川ダム湖畔の”東荒川ダム公園”の標識を左折した突き当たり右側が”尚仁沢はーとらんど”、左側が”水汲み場”になります。


名水百選にも選ばれ、「尚仁沢湧水」と言う水も市販されている程ですから超メジャーな湧き水で、水汲みの方も多く、駐車場へは次から次へと車が入って来ます。また、”尚仁沢はーとらんど”内には水汲み用ペットボトルも販売されていました。

尚仁沢湧水2水汲み場、大量に汲む方が多く、お休みの日には大変かも知れません。私が訪れたのは平日でしたが絶え間なしに水を汲む方が訪れていました。水を汲む所には3ヶ所、5つの湧きだし口が在ります。


尚仁沢湧水
人が少ない時を狙って写真を撮ってみました。

ALPSLAB地図 E139°49' 34.058" N36°50' 43.990"
MapCode 315639393*62

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

深山湖の湧き水

深山湖の湧き水県道369号沿いの”矢沢の湧き水”を通り越し、そのまま深山湖へ、湖畔の左岸を通る道の進行方向右側(当然山側)に湧き出ていて簡単に見つかります。
湧き水の前だけ道が広くなっているので道路脇に2〜3台は駐車可能です、元々林道なのですがこの辺りは広目に出来ているので駐車は余り心配無いと思います。

此方も地元では有名な湧き水らしいです、去年まではこれ程整備されていませんでしたが、わざわざここだけ道を広げて整備した事を考えるとかなり有名なのかも知れません!?

尚、ここは雨の日には水汲みは止めた方が良いと思います、パイプの上部で地表に流れ出ているので雨水が周りから入り込みます。

☆冬季注意

ALPSLAB地図  E139°54' 35.000" N37°06' 15.000"
MapCode 548679455*32

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

矢沢の湧き水

矢沢の湧き水那須の深山湖へ向かう県道369号に在る”矢沢の湧き水”です。 那須塩原方面から30号、黒磯田島線(369号)を深山湖へ向けて走り、進行方向 左側に赤い屋根の廃屋が在り、手前にある広場(駐車スペース)奥に在ります。駐車スペースは相当数(20台程度?)止められますので全く心配は在りません。

2011年赤い屋根の廃屋は倒壊していました。


矢沢の湧き水2以前より行ってみたかったのですが、場所が分らず行けずにいましたが、今回偶々水を汲みに来た方が山側へ向けバックドアを大きく開いて駐車していたため「もしや!?」と思い、見つかりました!

今回、私は深山湖の湧き水を汲んだ帰りでしたので汲むことは出来ませんでしたが現地でお会いした方のお話では「美味しい!」と言うことです。また地元では有名な湧き水の様で、わざわざ20mほど上からパイプで引かれております。

☆冬季注意

ALPSLAB地図  E139°55' 21.00" N37°03'44.00"
MapCode 548530441*43

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

庚申川の湧き水

庚申川の湧き水日光市足尾町の庚申山から湧き出るおいしい湧き水。

ここは車止めから上り坂の林道を40分歩いて行かなくては成らず、一般の方が汲みに行けるとは思えませんが一応ご紹介いたします。趣味の方がリックにペットボトルで2〜3本持ち帰るのが精々だと思います。

私も釣りの帰りに咽を潤す程度で、持ち帰ったことはありません。
一応行き方を書きますと。国道122号線から国民宿舎「かじか荘」を目指し庚申川沿いにしばらく走り、かじか荘の少し上流にある車止めから川沿いに40分歩きます。

ALPSLAB地図 (車止めの位置)

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

芹沢源造岩清水

今回も釣りのついでに見つけた”芹沢源造岩清水”です。

 五十里湖に流れ込む男鹿川近くの中三依地区にあります。川治温泉方面から国道121号を会津方面へ、中三依駅手前のドライブイン脇の狭い道(確か小池きのこ園の看板があった?)を左折すると、芹沢と平行して道を走り、暫く行くと左側に看板があり、芹沢の対岸に湧き水が在ります。
芹沢源造岩清水1
進行方向左側にこの案内板。
看板の最後の方に「ラジエターの水」と在るのが・・・急に水が不味く思えたりして!(^_^;)
この湧き水は「小池きのこ園」の私有地に在ると言うことで管理費(金額自由)の寄付をお願いをしていました。また、自由に水汲みは出来るようです。
芹沢源造岩清水3芹沢源造岩清水2

ALPSLAB地図  E:139°40' 32.000" N:36°59' 08.000"

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

2008年02月29日

餅ヶ瀬の湧き水

餅ヶ瀬へ釣行時、偶然見つけた「餅ヶ瀬の湧き水」をご紹介します。
国道122号線を大間々方面より日光方面へ進み”足尾トンネル”を抜けてすぐに林道左折し、餅ヶ瀬川右岸沿いの(進行方向左側)に在り、どなたでも簡単に分かると思います。

餅ヶ瀬湧き水の向側には見た目作業場のような(作業場ではない)小屋が在り、道は狭いですが、そこの脇に何とか車二台程度は止められると思います。
ALPSLAB地図 E::139°24' 17" N:36°36' 50"

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

龍神霊水

今回は湯西川温泉(五十里湖)にある龍神霊水へ行ってきましたが、残念ながら出発が遅くなり現地に到着した時には既に辺りは暗くなってしまい、その上既に降雪があり(12月15日)道路にも雪が積もり真っ白でノーマルタイヤでは走行も危ぶまれ湧き水を見つけることも出来ず途中で引き返す事に成ってしまいました。

 この辺りは12月になってからの水汲みは無理なようで、来年フライフィッシングのシーズンOFFまでお預けです。ちなみに、帰りに足尾の湧き水を汲んできました。

後に調べた結果「N:36°56' 42.99" E:139°37'30.48"」に有るようです。

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

足尾の湧き水2

足尾の湧き水1」で紹介した先にある湧き水で水量が豊富で美味しいのです。
私は釣りの帰りに汲むので問題ないのですが、汲むには長靴を履かずに行けば膝まで濡れると思いますし、長靴を履いても濡れそうな!?寒くなってからは特に厳しいかも知れませんね。また冬には雪が積もるので注意も必要です。(3月に行っても雪がある)
足尾の湧き水国道122号バイパスから鹿沼方面へ行き、道が細くなって、小さな橋を1つ越した先にある二股を左に行き、暫く林道を道なりに進むと、もう一つ橋があり(この橋で舗装が終わる)渡りきった右側。
2005年現在上流で工事をしているため工事車両が通りますので、直ぐ先に車寄せが在るのでここへ車を止める事をお勧めします。
-----------------------
12月16日、湯西川の帰りに再度訪れてみると、林道の道路工事が進み、湧き水の在る場所は工事のまっただ中で普段は汲むことが出来ないかもしれません。偶然、私の到着時は昼休み中で汲む事が出来ました。
偶然、私の到着時は昼休み中で汲む事が出来ました。

画像を見て頂ければ解りますが、考えてみるとこの辺りも降雪があり、地形上暖かい日や春先雪解け頃には雪解けの水が流れ込み飲み水として不適当と思われます。ちなみに「足尾の湧き水1」で紹介した湧き水は1年を通して大丈夫だと思います。

尚、ここは雨の日には水汲みは止めた方が良いと思います、流れ出しの上部で地表を流れ出ているので雨水が周りから入り込みます。従って、雨が続いた時など水が濁ります。

☆冬季注意

E139°28′37.57″N36°37′37.22″

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水

2005年10月23日

神子内川の湧水1

栃木県足尾町 神子内川沿いを走る国道122号線バイパスを内ノ篭川沿いに鹿沼方面を曲り、200m程進んだ右側道路脇に湧き出ている湧き水です。
地元以外ではマイナーな湧き水ですが地元では美味しいことで有名な湧き水でて、舗装道路脇で汲みやすく、ご飯を炊いても、お茶、コーヒーを入れても最高。

私は釣りの帰りには何時も汲んで帰ります。
ちなみに、昔有名だった足尾精錬所とは谷が違うので鉱毒の心配は在りません。

ALPSLAB地図  E139°27′33.34″N36°38′04.77″

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
posted by tiptop at 17:01 | Comment(5) | TrackBack(0) | 栃木の湧き水
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。